UA-8269175-3

 1秒をチカラに変える 総合映像プロダクション

誰もが「デジタルクリエイター」の時代にプロが求められるもの

日進月歩でめざましい進化を遂げるデジタル技術によって、クリエイティブ表現の幅が飛躍的に広がりました。ハイビジョン、4K、8Kと、今や誰しもが手軽に高画質を駆使した映像クリエイターになれる時代と言っても過言ではありません。それでは、これからの時代に私たちプロに求められるものとは何でしょうか?

本物と見紛うばかりのCGエフェクト、臨場感ある5.1サラウンド、近未来のような機材が完備されたスタジオetc..私たちザットビジョンにとって、それらの技術やインフラは単なる手段、「ツール」に過ぎません。私たちの目的は、映像という手段を用いてお客様を支援し、ビジネスの成功に貢献すること。

ザットビジョンがご提供する、技術やサービスを超えた「安心」

弊社にご相談をされるお客様の多くが、新しい事業展開や新製品のプロモーション、営業・研修の見直しなど、重大な局面の打開、すなわち「ソリューション」として映像をご利用される方々です。そういったビジネスの最前線で私たちがご提供するもの。それは「安心」に他なりません。

ビジネスが「人と人」とのつながりである以上、最も大切なものは信頼関係。多種多様な引き出しを用意し、お客様のご要望に真剣に向き合い、小さなこともおろそかにしない。お客様にとって「失敗が許されない」シチュエーションであることを知っているからこそ、私たちザットビジョンは選ばれているのです。

Policy -私たちが追求するもの-

情報の洪水に埋没しない、「伝えるチカラ」

私たちの周りは広告だらけです。氾濫する情報の洪水の中で、あなたの伝えたいメッセージは本当に相手に届き、そして正しく理解されているでしょうか?

ネットやスマホの普及で個人の嗜好やニーズが多様化・細分化する中、映像制作においても、明確にターゲットを見据えた戦略・ブランディングが必須とされています。見た目のインパクトや流行に左右されるだけの演出ではない、「伝える・伝わる」映像コンテンツが必要とされているのです。

映像は「不眠不休の営業マン」

テレビCM、DVD、youtube、ソーシャルメディアetc..映像は、解き放たれた瞬間から、凝縮された情報やイメージを主張しながら独り歩きを続ける「宣伝マン」でもあります、

映像はその扱い方、表現イメージ、投下方法を正しくコントロールすることによって、ビジネスの非常に強力な武器となりえます。情報が氾濫する今だからこそ、映像を有効に活用することが大切です。

基本をおろそかにしない「姿勢」

時代とともに人々のライフスタイルや嗜好が多様化するのと同様に、メディアをとりまく現状も日々刻々と変化しています。

これまでの定石にとらわれない斬新な表現法だけでなく、心地よさや、感動といった、人の心に訴えかける普遍性も大切に表現していく。そして、信頼にたいしては、期待以上のクオリティでお答えする。私たちは映像クリエイターとしての基本姿勢をまずしっかり実践することから始めます。

Planning -企画・立案-

バランスを重視します

映像制作は建物づくりに似ています。企画や構成が基礎になり、シナリオ、撮影、編集、録音、といったプロセスが絶妙なバランスで組み合わさり、映像作品のかたちとなります。昨今のメディア戦略と同様、コンテンツのありかたを偏りのない、立体的思考で考えることが大切です。

視聴者から見て「違和感のない映像」を作るためには、相応の経験と知識、そして制作のトータルバランスを見極める「眼」が必須となります。私たちは、コストとクオリティのバランスを損なうことなく、最適な制作スタイルをご提案します。

「やさしさ」「わかりやすさ」を追求します

広告やインフォメーション、装飾、あるいは景観の一部として。映像はこれまでの視聴の枠にとらわれないスタイルで街の中に浸透しています。住宅にもバリアフリーが求めれるように、私たちは人の目に触れる情報や視覚効果を扱うものとして、環境や世代に常に配慮した制作姿勢を追求してまいります。